笑顔の看護師

不妊治療の方法

夫婦の子供を作りたいと考えている方は排卵検査薬を使って自分の排卵周期を把握しておくことで妊娠しやすい時期に妊活ができます。

妊娠を目指して出来ることから

結婚をすると、多くの人が子供を考えます。二人の間に可愛い赤ちゃんを授かりたいと思う一方、なかなか子宝に恵まれない人もいます。 何年待っても授からない場合、不妊治療をしていきます。 不妊治療には、さまざまな方法があり難易度の高いものは、お値段も多額になってきます。 ですのでまず、お家でもできる難易度の低い事から始めていきます。 排卵日を知るために、基礎体温を毎日計り記録していきます。 排卵日が分かれば、その期間を狙って性行為をします。妊娠の確率が上がり、自然に授かる可能性が上がります。 しかし、それ以前に排卵をしていなかったり、身体に問題がある場合もあるので、見込めない場合はしっかりと病院での検査が必要になってきます。

不妊治療の方法と価格

自然妊娠が難しい場合、不妊治療の1つで排卵誘発剤を打っていきます。 毎日続けながら、卵子の数を増やし排卵を促していきます。 それでも、妊娠が見込めない場合は次の行程で、体外受精をさせます。 体外受精は、お母さんの卵子とお父さんの精子を取り出して人工的に受精させ、再びお母さんのお腹の中に戻し着床させるといったやり方です。 歳をとればとるほど、成功率は低くなっていきます。大体30代〜40代で出産まで結びついた確率が20〜30%と言われています。 また、体外受精を希望する場合、かかってくる費用が60万円ほどと、かなりの額になってきます。 大きな決断としっかり相談していくことが必要となってきます。 もしこの境遇に迫られた時、自分たちに合った不妊治療を見つけて行くことが大切になってくるでしょう。

男性向けの不妊治療

不妊治療は女性が受けることが多いですが、男性にも不妊治療は欠かせない場合もあります。また男性の不妊治療はマッサージがメインなので、副作用などが起こる心配もなく安心して行うことができます。

Read more...

産婦人科の対応

妊娠や出産の際は婦人科ではなく産婦人科を選択し、なるべく近い場所の産婦人科で診察を受けましょう。また産婦人科を利用する際は、自分に適した設備や環境などを持った産婦人科を探すようにしましょう。

Read more...

産婦人科の選び方

産婦人科や婦人科を選ぶ際はなるべく早めに問い合わせを行ない、応募を断られる事がないようにしましょう。また出産や定期的な診察のことも考えて、自宅などからなるべく近い場所の産婦人科を選ぶようにしましょう。

Read more...

オススメリンク

  • ベビ待ちママに贈る不妊サプリ完全ガイド

    赤ちゃんが授かりやすい身体をゲットしたい方は必見です。不妊サプリをライフスタイルに取り入れてみませんか?